キャッシングの申込みを行なった際に、本人確認方法として指定された身分証明書画像をアップロードするといった対応が必要になります。合わせて本人確認と申込み意思確認を行なうために、貸金業者から電話が掛かってくることが多いです。対面で申し込み手続きを行なう窓口や自動契約機とは異なり、インターネットを利用した申込み手続きでは、本人以外の人による申込み受付が行われてしまう可能性があります。

悪戯を防止する意味合いだけでなく、犯罪に巻き込まれないようにするためにも、貸金業者による本人確認は慎重に行われているわけです。キャッシングが可能となっているのは、日本人だけとは限らず、在留カードを持つ外国人であっても消費者金融ならば申込み可能です。銀行カードローンは、申込み対象者として永住権取得者に限っているので、キャッシングの申込みに際して柔軟な対応を行っているのは、消費者金融と言えるでしょう。キャッシングの本人確認時に電話連絡が行われる理由として、日本語を理解出来る水準にあるか確認する意味合いも含まれています。貸し付けを行なったとしても、錯誤による借り入れだった場合には、回収が難しくなる可能性があるからです。貸金業も商売ですから、キャッシング審査の中では、言葉が通じることも重要な判断要素となります。