自動車の使用頻度の多い人は、月々のガソリン代がかなりかかる人もいて特にリッター単価が150円を超える時はかなりシビアにお金がかかります。しかし走行距離が伸びた車が近年でも増えていてハイブリッド車を筆頭にガソリン車でも技術の進歩に伴いリッター20キロ走る車も増えています。

そこでランニングコストのかかるガソリン代を抑えるには、電気で走るタイプの車を乗ればそれこそ満タンで100円程度の電気代で済みます。ガソリンを満タンにしようとすれば当然4000円はかかりますし、そこで3900円ものコストを浮かせる事が出来ます。

毎月の事なのでそれを年簡易換算すればそれこそ10万円もしくは20万円もの費用を軽減させる事が出来ます。そうなれば電気自動車の購入費用が400万ならば初期投資はかなりかかりますが、長く使う事によりそれこそランニングコストで浮いた部分がそのうち追いつく計算にもなります。

節約を考える上でやはり安く毎月の出費を抑えるにはこうした費用を考える必要もあり検討するには十分な問題となります。安く済ませる費用で浮いたお金をそれこそ違う費用に割り当てる事が出来るなど、家計にとってはこうした工夫で節約が行えます。