キャッシング業者から、返済が厳しいけど、条件を変えれば返済能力がある人に対して示談契約を進めるというものがあります。

示談契約を進められる人は、一般的にユーザーのなかでもごくわずかであるようで、全体の1パーセントもいるかいないかレベルのようです。

9割方はしっかりと返済をしてくれるわけですので、基本的には進めませんが少しですが、一定数は返済を長期でしている人や、かなり厳しい状況に経済的になってしまう人が出てきます。

そんな中で、返済できる人や返済が見込める人というのは更に限られてきます。仕事もちゃんと持ってないといけませんし、あくまでお金を返す見込みがないと結べないからです。

基本的にはほとんど示談契約を進めるようなことはないといえます。