銀行ローンには目的別にいくつかの種類のローン商品が取り揃えられています。それらのローン商品の中には不動産の購入を目的としている住宅ローンといったかなり高額の融資を受けられるものもありますが、そのようなローン商品については担保や保証人が必要になるほか、借入審査が非常に厳しく、融資を受けるにはかなり高いハードルを飛び超える必要があります。

その一方で銀行ローンの中にはカードローンといった比較的借入の条件が緩いものもあります。たとえば、カードローンでは不動産の購入目的など多額の現金が必要でない場合にちょっとした金額が必要だというときに融資を受けられるのでとても重宝するローン商品として多くの消費者に人気があります。